【出版社の方】

JLogosはその名前の通り、日本の叡智を集約し、信頼できる情報を必要とする人に知識を普及させることを目指しています。しかしインターネット上では、不確かな情報や無責任な情報が溢れ、「自己責任」という言葉で片付けられることも多くなってきています。これは最大の「無責任」と考え、今とりうる限りの信頼できる情報を提供する事がEaの使命です。

信頼性にこだわり、信頼できる出版社様のご理解を頂き、多くの辞書・辞典・事典コンテンツを提供させて頂いております。2005年の創業以来、10年以上サービスを継続する中で、収録辞書数は100を超えてきました。そしてそのサービスを最新のIT環境において「アプリ」という形で提供する準備が整いました。今後は、さらに必要とされるコンテンツを増やし、より多くのユーザーに利用して頂くことで収益をあげ分配することで、より良いコンテンツの作成・改版等に活用して頂くサイクルをつくり上げることができれば幸いです。ぜひお持ちのコンテンツのご提供を検討いただければ幸いです。

【ロイヤリティの仕組み】

提供頂く際、以下の2パターンの方法がございます。なおデータ加工等全ての作業は弊社側で担当致しますので費用は一切かかりません。下記モデルによる分配のみとなります。

(1)無料版JLogosへの掲載(広告モデル)
当該ページへのアクセスによる広告収入の30%を分配

(2)有料版JLogosへの掲載(有料課金モデル)
JLogos有料会員の検索による表示回数に応じた従量制分配※あらかじめ設定させて頂いた単価×表示回数でお支払いします。表示単価はコンテンツの内容や、コンテンツデータの加工の難易度等から、事前に提案させて頂きます(3円~/表示あたり)
※ただし有料会員の検索による分配額の総額は、当該会員の会費収入額を上限とします

 

無料版と有料版両方にご提供頂く事も、有料版のみへ提供頂くことも可能です。
無料版へご提供頂いた場合は広く一般へ開放されるため、ソーシャルメディア等でのアクセス増にもつながります。また必ず出典元を明記し、URLリンクも可能なため、御社サイトへの誘導の入り口にもなります。
また有料版のうち、一部情報を絞って無料版に提供する事も可能です。具体的にはお問い合わせ下さいませ。
有料版のみへの提供の場合は、不用意にインターネット上に拡散することもなく、表示された回数による従量制ですので、御社コンテンツ戦略によりご検討ください。

【契約の流れ】

(1)弊社のコンタクトフォーム、またはメールにてお気軽にお問い合わせください

(2)個別に状況をお伺いしながら、条件等を提示いたします

(3)条件に合意頂けましたら、弊社と契約書を締結頂きます。

(4)データを納品頂き、弊社側でJLogosフォーマットに加工させて頂きます。

(5)提供前のデータ確認後、問題なければ公開となります

(6)ロイヤリティの報告は3ヵ月ごとに集計を行い、報告させて頂き、お支払いさせていただきます

【そのほか展開等】

弊社の辞書システムを活用し、ASP的に辞書機能を提供することも可能です。これにより、御社ブランドによる展開や、オウンドメディアとしての辞書コンテンツの提供なども可能です。

また、電子書籍展開(辞典を電子書籍:ePub化し、AppleやAmazon,Google等マーケットへ提供)などもご提案いたします。

そのほか、コンテンツ活用のためのご相談も随時お受けし、可能な限りのご提案をさせて頂きます。